ASV(先進安全自動車)ってなに?

ASV(先進安全自動車)は、安全で快適な運転をサポートする機能を搭載した、最先端の技術が可能にした次世代の自動車です。
ASVの普及が進んでいるヨーロッパでは事故防止に劇的な効果をあげています。
トラックなどの大型車両やタクシーなどの旅客車両では、
ASV導入時に国から補助を受けられる場合があります。

ASVとは

ASVは、自動車に各種センサーを搭載し、ドライバーや周囲の危険な状況を察知して事故を未然に防ぐための技術です。
ASVは、安全運転をサポートしますが、主人公はドライバーです。
ドライバーの意思や意図のお手伝いをするのが役割です。
ドライバーはASVの作動内容を常に確認できるとともに、ASVの制御にドライバーは強制介入できる仕様です。

こんな時に活躍します

衝突被害軽減ブレーキ

前を走る自動車や障害物との衝突を予測して警報でお知らせし、ブレーキを自動制御し被害を軽減します。

ACC

先行車との車間距離を一定にキープして走行します。先行車がない場合は設定した速度を保つ機能です。

横滑り防止装置

急激なハンドル操作や横滑りといったカーブ時の危険を、車両の姿勢を安定させて制御する機能です。

駐車支援システム

バックで駐車する際、ハンドルを自動制御してスムーズに駐車できるようサポートする機能です。

レーンキープアシスト

なるべく中央付近の走行を維持できるように自動車の操作力を制御する機能です。

ふらつき警報

自動車のふらつきを察知し、ドライバーの集中力低下を注意喚起する機能です。

未来はこんなことも可能になるかも

交通状況をキャッチ

周囲の車両や歩行者の位置、信号などの情報をキャッチして、不注意などによる交通事故を未然に防ぎます。

事故被害を最小限に

万が一事故が起こっても、衝撃を車体が吸収して運転者の被害を抑え、歩行者のためのエアバッグが歩行者を守ります。

自動運転

渋滞や障害物を自動で避けるので、障害を持つ方や高齢の方も運転がしやすくなります。